そもそもコレステロールって何!?悪玉、善玉の違いは?

「コレステロールが高いから、下げる努力をしなければいけない!」そう言われたことがある人は、多いのではないでしょうか?

そもそも、このコレステロールというのは、いったい体の中でどのような働きをしているものなのか知っていますか?コレステロールを下げると頭で考えていても、コレステロールを「どうして下げなければいけないのか?」という部分を知らなければ、話になりません。

今回は、コレステロールの基本的な情報と、2つの種類についてお話をしていきたいと思います。

コレステロールとは?

コレステロールというのは、細胞膜を生成するために必要不可欠なものであり、人間が生きていく上で欠かせない「脂質」の1種になります。

健康診断などで、「コレステロールが高い」などの結果が出ることがあり、コレステロールは体に悪いものだというイメージがあると思います。しかしコレステロールというのは、人間の体に存在していてもいいものなのです。

細胞を包む細胞膜の原料にもなりますし、ビタミンDの合成にも役立っていますし、体の活力を高めるために必要な副腎皮質ホルモンの材料にもなっていますし、脂肪の消化をサポートする胆汁酸の材料にもなります。

つまり、コレステロールは、体の中でとても重要な役割を担っているということです。ちなみに、コレステロールは食べ物から摂取することもできますし、肝臓で合成して生成することもできます。人間は、必要なコレステロールの3分の2を体内で生成して、3分の1を食べ物から摂取しています。

悪玉と善玉それぞれの違い

コレステロールは、悪玉と善玉の2種類が存在しています。それぞれに違った働きをするコレステロールなので、役割や特徴などをご紹介していきたいと思います。

悪玉コレステロール(LDL)

悪玉コレステロールは、「LDL」とも呼ばれており、血液に乗って体の各所にコレステロールを運ぶ作用があります。コレステロールを運びすぎると、血管内壁にへばりついてしまって、そのまま放っておくと「動脈硬化」の原因になってしまいます。

動脈硬化になると、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを引き起こす可能性が高くなるので、体に悪い影響が及ぶコレステロールということで、LDLコレステロールが「悪玉」だといわれるようになりました。

しかし!悪玉コレステロールは、人間が生きていくのに必要不可欠なコレステロールでもあります。

善玉コレステロール(HDL)

善玉コレステロールは「HDL」とも呼ばれており、体の中で余っているコレステロールを運び出してくれる作用があります。つまり、体に悪影響を及ぼすほどの量の悪玉コレステロールがあれば、それを善玉コレステロールが細胞壁から運び出してくれるのです。

こういった作用から、HDLコレステロールは「善玉」と呼ばれているのです。

コレステロールの異常値について

コレステロール値は、空腹時に採血をすると、自分の本当の数値を知ることができます。

  • 悪玉コレステロール(LDL):140mg/dl以上
  • 善玉コレステロール(HDL):40mg/dl未満

この数値に当てはまっている人は、「脂質異常症」と判断されます。

LDLコレステロールが過剰にあるということは、血管壁にコレステロールがたくさんついているという状態だと考えられますので、動脈硬化のリスクが高いといえます。

コレステロールの異常値、正常値

コレステロールの検査をしたら、自分のコレステロール値が分かります。

しかし、検査結果というのは素人が見ても、あまり分かりやすいものではないので、コレステロールが異常なのか正常なのかを、自分で判断することはできません。ですから、医師の診断結果を聞いて、血液検査に異常があったかどうかを確認することとなります。

とはいっても、血液検査の結果を聞いて、大したことがないとなれば、気にすることもなくなりますので、もう一度自分で見返すなんてこともないと思います。しかし、コレステロール値は、自分で見ても正常か異常かを判断することはできます!

これから、コレステロール値の正常値と異常値についてご紹介しますので、以前おこなった血液検査の結果なども参考にして、コレステロール値が高くないかチェックしてみてください。

コレステロール値の基準値

健康診断などで血液検査をすると、日本人間ドッグ協会のガイドラインを基準にして、基準値を出していますので、どの病院で検査をしても大体が同じ基準値になります。コレステロールについては、下記のような基準値がありますので、チェックしてみてください。

総コレステロール(TC)

総コレステロールは増えすぎると、動脈硬化が促進されてしまいます。その結果、心筋梗塞などを引き起こすリスクが増えますので、基準値を超えている場合には注意が必要です。

  • 基準値:140~199mg/dL
  • 要注意:200~259mg/dL
  • 異常値:39mg/dL以下、260mg/dL以上
数値が高値の場合

家族性高血圧・動脈硬化・脂質異常代謝など

数値が低値の場合

栄養吸収障害・肝硬変など

HDLコレステロール(HDL-C)

いわゆる善玉コレステロールといわれるHDLコレステロールです。数値が低すぎると、動脈硬化を促進させるリスクが増えますので、要注意です。

  • 基準値:40~119mg/dL
  • 要注意:30~39mg/dL
  • 異常値:29mg/dL以下

LDLコレステロール(LDL-C)

LDLコレステロールはいわゆる悪玉コレステロールのことになります。血管内で増えていくと、動脈硬化のリスクが増えてしまいます。

  • 基準値:60~119mg/dL
  • 要注意:120~179mg/dL
  • 異常値:180mg/dL以上

中性脂肪(TG)

体の中にある脂肪の中で、1番多い脂肪です。中性脂肪が高すぎると、生活習慣になるリスクが増えてしまいます。

血中のコレステロールが増えると、善玉コレステロール(HDL)が減少して、悪玉コレステロール(LDL)が増えることが分かっています。ですから、中性脂肪の数値も、コレステロールの数値に関係しているので、注意して確認をするようにしましょう。

  • 基準値:30~149mg/dL
  • 要注意:150~399mg/dL
  • 異常値:29mg/dL以下、400mg/dL以下
数値が高値の場合

動脈硬化など

数値が低値の場合

低Bリポたんぱく血症・低栄養など

いかがでしたか?

検査結果をもらったときに、異常値が出ている場合はコメント欄などに「要経過観察」「要再検査」などの記載があります。さらに悪化している場合は「要精密検査」というコメントがでてきます。

もしも、こういったコメントが検査結果に記載されている場合には、必ず決められた時期に、

再検査をするようにしましょう。

悪玉コレステロール(LDL)の数値が高くなる原因

悪玉コレステロールの数値が高くなるのは、どうしてなのか?

数値が高くなると問題になってしまうのが、LDLコレステロールいわゆる悪玉コレステロールです。人間の体の中に必要量だけ存在しているのは、とても重要なことですが、一定量を超えた場合に問題が起きてしまいます。

それでは、具体的にどのような原因があって悪玉コレステロールの数値が、高くなってしまうのかを見ていきたいと思います。

悪玉コレステロールの数値が高くなる原因

悪玉コレステロールの数値が高くなるのは、主に3つの原因があります。

  • 生活習慣
  • 遺伝
  • 病気の影響

これら3つの原因について、詳しくご紹介していきます。

生活習慣が原因

基本的に悪玉コレステロールの数値が高くなるのは、生活習慣が原因となっている人が多いです。

生活習慣病という言葉があるように、悪い生活習慣が原因となり、悪玉コレステロールが増えすぎてしまうのです。どのような生活習慣がNGなのか、詳しく見ていきましょう!

運動不足

運動をあまりしない人というのは、体の中に中性脂肪が蓄積されているので、悪玉コレステロールも必然的に数値が高くなってしまいます。

ストレスが多い

ストレスを多く感じている人は、体のあらゆる動きが低下してしまいます。善玉コレステロールの働きが低下してしまうので、悪玉コレステロールが増えるようになります。

喫煙

タバコを吸うことで、悪玉コレステロールの影響で、動脈硬化が促進することが判明しています。

食べすぎで肥満になる

炭水化物や糖質の過剰摂取は、肥満の原因になりますし中性脂肪を増やしてしまいます。そして、問題の悪玉コレステロールも増えてしまいますので、食べすぎには注意をしなければいけません。

中性脂肪が血中に増えてくると、悪玉コレステロールを増やす大きな原因の1つとなりますので、気を付けてください。

コレステロールが多い食事

コレステロールが多く含まれている食事を摂ると、総コレステロールを増やすこととなりますので、結果的に悪玉コレステロールも増やすこととなります。

特に注意してもらいたいのは、コレステロールが多い「油」の摂取です。

アルコールの飲みすぎ

アルコールは肝臓で分解されるのですが、その時に中性脂肪を生成します。中性脂肪が増えると悪玉コレステロールも増えることが分かっています。

遺伝による原因

悪玉コレステロールは、親から遺伝した可能性もあります。

「家族性高コレステロール血症(Familial Hypercholesterolemia(FH)」というのですが、両親もしくは片親から遺伝子を引き継いでしまい、生まれたときからその症状が始まります。

一般的には考えられないような年齢(子供など)から、悪玉コレステロールの数値が基準値以上になってしまい、動脈硬化が促進してしまうのです。遺伝による高コレステロール血症が原因で、若年齢の脳梗塞や心筋梗塞などを発症する可能性が高くなります。

ちなみに、この「家族性高コレステロール血症(Familial Hypercholesterolemia(FH)」というのは、200~500人に1人いるといわれています。

(参考)家族性高コレステロール血症について - 日本動脈硬化学会

病気が原因

病気が原因で、悪玉コレステロールが高くなることがあります。

糖尿病・甲状腺機能の低下・ネフローゼ症候群や、薬などの影響により悪玉コレステロールの数値が高くなってしまうのです。

いかがでしたか?このように、悪玉コレステロールの数値が高くなってしまう原因というのは、さまざまあります。自分に当てはまる原因はないかどうか、今一度確認をしてみてください!

DHAとEPAがコレステロールをサポート

コレステロールを下げる方法として、とても効果的な方法の1つが「DHA・EPA」の摂取です。

DHAとEPAのコレステロールに対する作用

DHAとEPAというのは、青魚に豊富に含まれる脂肪酸の1種なのですが、血液をサラサラにする作用があるということで、大きな注目を集めています。最近では、テレビや雑誌などでもよく見かけるようになったので、健康に興味がある人であれば、DHAやEPAのことを知っていると思います。

それでは、具体的にDHAやEPAがコレステロールに、どう作用してくれるのかを見ていきましょう!

DHAとは?

DHAというのは、「ドコサヘキサエン酸」という正式名称を略した言葉になります。

脂質を形成する成分の脂肪酸の1種で、「不飽和脂肪酸」と呼ばれています。不飽和脂肪酸にも2つの種類があり、DHAは「多価不飽和脂肪酸」という種類の中の「オメガ3脂肪酸」というカテゴリーに含まれています。

DHAというのは、人間の体の中で生成することができない物質なので、体外から取り入れる必要があります。こういった脂肪酸のことを「必須脂肪酸」といいます。

DHAのコレステロールへの作用

DHAは、血中に含まれるコレステロールや中性脂肪を減少させる効果を持っています。血液をサラサラにして、血行を促進する作用もあるので、コレステロール値を下げるのに有効だと考えられています。

EPAとは?

EPAというのは、「エイコサペンタエン酸」という正式名称を略した言葉になります。

DHAと同じく、「オメガ3脂肪酸」の1種で、体の中で生成することができない物質なので、必須脂肪酸と呼ばれています。

EPAのコレステロールへの作用

EPAは、血液をサラサラにする効果があるので、血小板が固まって血栓ができるのを予防することができます。つまり、動脈硬化を予防することができるというわけです。

悪玉コレステロールを減少させる作用もあり、血液もサラサラにすることができるので、死亡に至る危険な病気を未然に防ぐことができます。(心筋梗塞や脳梗塞など)

DHAとEPAの摂取方法

DHAとEPAは、青魚に豊富に含まれていますので、積極的に青魚を食べることをお勧めします。サンマ・マグロ・ブリ・イワシなどを、生の状態で食べるのが1番効果的です!

しかし、生魚が苦手だという方もいると思いますので、そういった場合には「煮魚」や「蒸し魚」という調理方法で、煮汁や蒸したときにでる汁も一緒に食べるようにするといいでしょう。

それから、サバの水煮などの缶詰もおすすめです!中に入っている身も汁もすべて食べきると、DHAやEPAを余すことなく摂取することができます。

魚がどうしても食べられないという場合や、魚だけでは必要量が摂取できないという場合には、DHAやEPAのサプリを活用してみてください。1日に必要な摂取量に達するまで、サプリで補っていくといいでしょう。

オススメのDHA/EPAサプリ

DHAやEPAは劣化しやすいという特徴があるため、サプリ選びは品質が大切になります。また、魚油が原料となるので、水銀や放射能検査を実施しているものが安心です。

これらの条件を兼ね備え、なおかつ手ごろな価格が魅力のDHA/EPAサプリがDHA&EPAオメガプラスです。下記サイトの口コミが詳しいので、DHA/EPAサプリ選びの参考にしてみて下さい。

(参考)みやび DHA&EPAオメガプラスの口コミ

DHAとEPAの1日の摂取量

厚生労働省で健康増進のために推奨されているのが、1日1000㎎以上のDHAとEPAの摂取です。しかし、魚を多く食べる世代50代以降であっても、600㎎~700㎎程度しか摂取できていないのが現状です。

ですから、できるだけ青魚を摂取することを意識して、食事を考えるようにしてみてください。それから、不足分はサプリで補うなどして、1日1000㎎以上を目指していきましょう!