コレステロールを下げるサプリのおすすめは?失敗しない選び方のコツ

コレステロール値を下げるには、食生活の改善が大切です。肉食を減らし、魚と野菜を多く摂るように心がけることが、コレステロール対策の第一歩です。

しかし、なかなか食習慣を変えるのは難しいものですよね。

そこで、試してみて欲しいのが、コレステロールを下げるサポートをしてくれるサプリです。毎日何粒か飲むだけで、必要な成分を補うことができます。

サプリを紹介する前に、どんな成分がコレステロールを下げるのに効果的なのかを見ていきましょう。

コレステロールを下げる栄養成分

EPA(DHA)

コレステロール対策をするなら、定番成分はDHA・EPA(特にEPA)です。青魚に多く含まれる脂肪酸(油)で、血液サラサラに働きかけるなど、血液や血管の健康に大切な栄養成分になります。

近年の食の欧米化により、魚の摂取量が激減していることから、生活習慣病の予防のために厚生労働省も摂取を推奨しています。

SMCS

最近注目されているコレステロールを下げる野菜由来の成分です。ブロッコリーやキャベツんあどの野菜に含まれる天然のアミノ酸の一種で、摂取し続けることで、LDL(悪玉)コレステロールを低下させられることが分かっています。

コレステロールを下げるトクホ飲料で人気の、サンスターの「緑でサラナ」は、このSMCSの働きを利用したものです。

関連記事:コレステロールを下げる飲み物

食事から摂り続けるのは難しい

コレステロールを下げる栄養成分として、EPAとSMCSを紹介しましたが、これらを毎日の食事から
十分に摂るのはとても大変です。

  • いくら身体に良くても、飽きるものは飽きる
  • 魚や野菜が苦手な人にはツライ
  • 調理の手間
  • お金がかかる

コレステロール値を下げたいなら、魚を食べましょう。といわれても、頻繁に魚を食べ続けるのは、現実的には難しいですし、そもそも魚が苦手な人には無理がありますよね。

コレステロール対策でEPAを摂っていくのであれば、手軽で低コストなDHA・EPAサプリを利用していきましょう。

コレステロールを下げるサプリのランキング

コレステロールを下げるサポートに摂りたいDHA・EPAサプリや、機能性表示食品をランキング形式で紹介。DHA・EPAを選ぶ際は、劣化しやすいという性質があるため、品質重視で選んでいきましょう。

大正DHA

製薬会社の高信頼DHA・EPAサプリ

鷲のマークでお馴染み、大正製薬が手掛けるDHA・EPAサプリです。DHA400mg、EPA200mgと、十分な量を含有。酸化しやすいDHA・EPAを守るために、アルミ素材で個別包装されているのも魅力です。

大手製薬会社のサプリだから安心感もありますし、品質も間違いなし。迷ったときは、大正DHAで決まりです。

初回価格 980円(送料無料)
定期価格 3,600円(送料無料)
1日あたり 約120円

きなり

複数のサラサラ成分が1粒にギュッと凝縮

DHA・EPAに加えて、EPAの10倍のサラサラパワーを持つDPA(ドコサペンタエン酸)を配合。さらに、クリルオイルやナットウキナーゼなど、コレステロールを下げるのに嬉しい成分が凝縮されているのが魅力のサプリです。

配合量も豊富で、DHA・EPA・DPA合わせて510mgと十分な量を補うことが出来ます。大手水産会社のマルハニチロと共同開発なので、品質面も安心です。

初回価格 1,980円(送料無料)
定期価格 3,790円(送料無料)
1日あたり 約127円

15日間の全額返金保証あり

コレステ生活

12週間の継続で悪玉コレステロールを下げる

機能性表示食品として、総コレステロールや、悪玉(LOD)コレステロールを下げる働きのある、松樹皮由来プロシアニジン(ブロシアニジンB1)を配合したサプリです。

12週間の継続摂取で、悪玉コレステロールの低下に役立つことが臨床試験で確認されているので、確かな効果が期待できるのが魅力です。DHA・EPAサプリの臭いが苦手な方におすすめ。

初回価格 500円
定期価格 2,960円
1日あたり 約95円

コレステロール対策のためのDHA・EPAサプリの選び方

コレステロールを下げるのに働きかけてくれるDHA・EPAサプリは、品質がとても大切です。

DHA・EPAは、酸化しやすいという特徴があります。光や熱、空気に触れることで酸化が始まるので、酸化防止対策をしているサプリを選ぶことが大切です。

抗酸化成分や酸化防止剤が配合されている

クリルオイルやアスタキサンチン、ビタミンEなど、酸化から守ってくれる成分が配合されていると安心です。

アルミ素材のパッケージで密閉されている

開封後、光や空気に触れるのを避けられるよう、アルミ素材のパウチ容器が採用されているのは最低条件です。

使い切りの小袋包装になっている

アルミ素材の個別包装がベストです。小袋であれば、飲む直前まで開封しないで済みますし、飲み切りなので、開封後の酸化の心配もありません。

コレステロールを下げるために、DHA・EPAサプリを選ぶときは、上記のような酸化防止対策が施されている商品を選ぶようにすると、失敗がありません。

サプリを飲みつつ食生活も改善していこう

コレステロール値を下げるためのサプリをいくら飲んでも、毎日の食生活がメチャクチャでは、当然結果はついてきません。

食生活改善というのは、なかなか難しいものですが、少しでもコレステロール値を改善できるようにポイントをおさえて実践していきましょう。

コレステロールを下げるポイント

  • 和食中心に献立にする
  • 使う油の種類に気を付ける
  • 水溶性食物繊維でコレステロールを排出する
  • 大豆製品はコレステロールを下げる
  • 体重をコントロール

コレステロールを下げるために、上記のポイントをおさえた食生活を心がけましょう。

簡単に言えば、和食をベースにして、食物繊維と大豆製品を積極的に食べる。そして、太らないように気を付けることです。

具体的な実践例

上記のポイントだけを見ると、どうせ続かないよ。って思うかもしれませんが、具体的な実践例にすると、そこまで難しくないように感じられると思います。

  • 朝食の食パンを、納豆かけご飯にする。
  • 昼食に調理パンや菓子パンを食べることが多い人は、和定食にする。
  • 毎日のご飯を白米から玄米に替える
  • 居酒屋での注文は、揚げ物を減らして、葉ものサラダや豆腐、刺身などをメインにする
  • 飲んだあとの、締めのラーメン(炭水化物)は我慢する
  • 調理で使用する油は、植物油にする。バターやマーガリン、ラード等の動物性脂肪は控える
  • 1日1本、豆乳やトクホ飲料を飲む

一気に全部やろうとすると無理がありますが、1つずつであれば、そこまで難しくないのではないでしょうか。

毎日の食生活の積み重ねによって、コレステロールは高くもなり低くもなります。

今コレステロール値が高いと診断されているなら、それはこれまでの生活習慣の積み重ねによるもの。少しずつ生活習慣を見直していくことで、その値を徐々に下げていくことが出来ます。