トマトのリコピン摂取で善玉コレステロールを増やせる?!

悪玉コレステロールを下げる方法として、「善玉コレステロールを増やす」という方法があります。

直接的に悪玉コレステロールに作用して、減らしていく方法が主流となっていますが、実は場合によっては善玉コレステロールを増やす方が適していることもあります。

そして、善玉コレステロールを増やす方法として効果的だといわれているのが、トマトに含まれている「リコピン」の作用です。

どのような場合に、リコピンで善玉コレステロールを増やすといいのか、詳しく見ていきましょう!

善玉コレステロールを増やしたい人

コレステロールを下げるためには、悪玉コレステロールを減らせばいいというのが一般的な考えなのですが、実は善玉コレステロールを増やすことも重要なのです。

特に、これから紹介するタイプの人は、善玉コレステロールを増やすことに意識を向けるといいでしょう。

  • 検査で「HDLが少ない」という結果が出た
  • 検査で「中性脂肪の数値が高い」という結果が出た
  • 40代以降の男性よ、50代以降の女性
  • 煙草を吸う習慣がある、またはあった人
  • お酒を好んで飲む
  • ストレスを感じやすい
  • 運動をしない、または苦手

リコピンで善玉コレステロールを増やす

トマトの赤色成分のことを「リコピン」というのですが、リコピンにはHDLコレステロールつまり、善玉コレステロールを増やす作用があるということが分かっています。

リコピンは善玉コレステロールを増やして、血中で余分なコレステロールを回収し、肝臓に戻すとい働きを促進させることができるので、コレステロール値を下げる効果が期待できます。

善玉コレステロールを増やす方法として、食生活や生活習慣を見直すことも推奨されています。

しかし現代人は、とにかく忙しい人が多いので、そう簡単に生活習慣を改善することはできません。少しずつやっていこうと考えていても、コレステロール値を下げるための食事を作ったり、毎日運動をしたりするのは、時間がなければ実現できません。

そこで、効率的に善玉コレステロールを増やす方法として、リコピンを摂取することが推奨されているのです。それでは、実際にリコピンを摂取する方法などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

(参考)カゴメ:トマトジュースで血中コレステロール対策

トマトからリコピンを摂取する方法

トマトというのは、どこのスーパーでも売っているものなので、手に入りやすい食材です。しかし、善玉コレステロールを増やす作用を実感するためには、1日にリコピンを15㎎摂取して、8週間以上継続し続けなければいけません。

リコピン15㎎というのは、生のトマト1.8個分になりますので、毎日トマトを1.8個食べ続けなければいけないのです。よく考えると、結構難しいことだと思いませんか?

トマトからリコピンを摂取するデメリット

生のトマトはどこにでも売っていますが、意外と値段が高いのが現状です。1日に1.8個分食べると換算すると、およそ1日180円をトマトに使うことになります。

1か月食べ続けると、トマトだけで5500円以上になってしまいます。トマトが高騰したときなどは、もっとお金がかかってしまうことになります。

それから、トマトというのは割と傷みやすい野菜なので、買いだめをすることができません。ですから、なるべく新鮮なトマトを毎日1.8個分食べられるくらいに、上手に買い続ける必要があります。

さらにトマトというのは、体を冷やす野菜でもありますから、1日に1.8個分を毎日食べ続けると、冷え症の人はつらいと感じる可能性もあります。

それでは、リコピンはどうやって摂取するのがいいのでしょうか??

リコピンはサプリメントで摂取!

もちろんトマトを食べるのも効果的ですから、食事の中にトマトを取り入れるのはお勧めです。しかし、1日に必要なリコピンを摂取するために、トマトをたくさん食べるのは限界がありますので、おすすめの方法はリコピンをサプリメントで摂取することです!

サプリメントであれば、足りない分を補うという飲み方もできますし、がっつり1日に必要なリコピンを摂取することもできます。トマトを買い続けるよりも、経済的な方法になりますので、コレステロールを下げるために、ぜひ取り入れてみてください。

(参考)カゴメのリコピン配合サプリ「リコピン コレステファイン」